未分類

収入源を増やす

今転勤や海外勤務の辞令を急に受ける人が増えています。元々転勤があると想定している人もいれば転勤がないと思い込んでいる人もいます。どちらにしても転勤と言われた場合準備期間が2ヵ月程度しかありません。海外の場合はもう少し長い期間がありますが、それでも3か月程度でしょう。転勤が決まると家族と帯同するのかどうかがまず話し合われます。家族で帯同する場合、一番の問題点はマイホームです。

マイホームは持ち家でも分譲マンションでも人が住んでいない状態が一番問題になります。家電製品やガスの給湯器など使用していなければ壊れやすくなってしまいます。そのためマイホームを売却する事を検討する人もいます。マイホームを手放さないためにも、リロケーションを利用して、賃貸物件にするのがお勧めです。リロケーションにすることで最大のメリットになる事が家賃収入を得ることができるという点です。

本来マイホームを管理してもらうために費用を払わなくてはいけないため、支出が増えてしまいます。しかし賃貸として貸し出す事で、不動産会社か家賃の約10%前後を事務手数料として引かれ、残りは収入として得ることができます。その他にも入居者が決まった時や更新する際に一時的な手数料がかかりますが、それ以外は大きな収入として二重生活の軽減につながります。

未分類

リロケーションの利点

転勤族でもマイホームを持ちたいという人にとって、空き家になる確率がとても高くなります。また今では海外に進出をする企業が増え、いつ海外勤務になるか分かりません。そこで家族で同行する事になった時、一番ネックになるのがマイホームです。

マイホームは一生に一度の買い物になる人が多く、大事にしたいという思い入れが強いです。しかし人が住んでいないという状況は一番風化が進んでしまう為、留守にする際は知り合いや管理会社に委託しなければ帰宅の際に生活できない状態になってしまう可能性があります。そこで2000年に法改正されたことで、マイホームを賃貸物件として提供できることが認められました。これによって転勤中は賃貸として家賃収入を得ることができます。転勤中は不動産会社と賃貸契約を結ぶため、借り主とのやり取りは不動産会社にお任せすることができます。

そのため安心して新天地で生活をすることができます。特にマイホームは住宅ローンを抱えている人が多く固定資産税の支払いの負担になります。それが家賃収入を得ることが大幅に改善する事ができます。二重生活の負担も少なくなり、何より誰か白が住んでくれることで家の風化を防ぐ事ができるのが魅力の一つです。

未分類

空き室を無くしたい

2000年の借地借家法が大幅に改正されたことで、転勤などで持ち家を空き家にしてしまう場合、賃貸として貸し出す事が可能になりました。今までは貸し主にとっては遠方であれば家の管理も難しく、管理会社に費用を払って定期的に家のメンテナンスをしてもらわなくてはいけません。もしくは家族で転勤先に帯同するのを諦め、別々の生活をしなくてはいけません。そこに住宅ローンや固定資産税の支払いも重なり、家計には大きな負担になります。

賃貸として持ち家を貸し出し風化防止と家賃収入の二つのメリットを得ることができます。ただし人が住むという事は、ある程度の傷や生活をしていく上での汚れなどが発生してしまう可能性があります。それを十分理解した上でリロケーション契約を結ぶ必要があります。貸し主にとってはある程度の部屋の損傷をよりも得られるメリットの方が大きい為、リロケーションを専門で行っている業者や過去に同じような物件を扱った事がある不動産会社と契約を結ぶようにしましょう。

経験が無い場合、借り主と契約をする際に必ず注意事項はしっかり説明をして、退去の際には一番問題が派生しやすい為トラブルにならないように事前に決まり事をしっかり確認して誤解のないようにしっかり借り主に伝える必要があります。空家を無くすことで大きなメリットを得る事ができるので魅力的です。

未分類

リロケーションの利用

物件を探している人の中にはリロケーション物件という言葉を耳にした事が無いでしょうか。ここ数年リロケーション物件が増え、貸し主や借り主が増えてきている物件です。同じ地域の中で、同じ間取の物件に比べると家賃が低く設定されているため魅力的と感じる人もいるでしょう。なぜリロケーション物件は安く住む事ができるのでしょうか。

リロケーションとは、転勤やセカンドハウスとして一時的に空き家になってしまう物件を賃貸として貸し出している物件の事を指します。貸し主にとっては空き家になってしまうと風化してしまい自分で管理がしきれない場合が多いです。更に住宅ローンや固定資産税などの費用は掛かっているため、新生活と二重生活になってしまいます。両方の生活を保つことも大変なため、風化防止の為にもリロケーションを扱っている不動産と賃貸契約を結ぶのがお勧めです。不動産を通じて家賃収入も得ることができるため、住宅ローンや固定資産税の支払いにも充てる事ができます。そして二重生活の軽減にもつながります。

借り主にとっては、同じ地域の中で1割から2割程度家賃が安くなっているため毎月の負担が少なくて済みます。しかし、持ち主が戻ってくることが決まったら速やかに引っ越しをしなくてはいけません。そのため引っ越し費用などが掛かる事を念頭に置いて契約をしましょう。今後マイホームを考えている人は持ち家の場合、将来のおうちの間取りなどの参考になるでしょう。