収入源を増やす

今転勤や海外勤務の辞令を急に受ける人が増えています。元々転勤があると想定している人もいれば転勤がないと思い込んでいる人もいます。どちらにしても転勤と言われた場合準備期間が2ヵ月程度しかありません。海外の場合はもう少し長い期間がありますが、それでも3か月程度でしょう。転勤が決まると家族と帯同するのかどうかがまず話し合われます。家族で帯同する場合、一番の問題点はマイホームです。

マイホームは持ち家でも分譲マンションでも人が住んでいない状態が一番問題になります。家電製品やガスの給湯器など使用していなければ壊れやすくなってしまいます。そのためマイホームを売却する事を検討する人もいます。マイホームを手放さないためにも、リロケーションを利用して、賃貸物件にするのがお勧めです。リロケーションにすることで最大のメリットになる事が家賃収入を得ることができるという点です。

本来マイホームを管理してもらうために費用を払わなくてはいけないため、支出が増えてしまいます。しかし賃貸として貸し出す事で、不動産会社か家賃の約10%前後を事務手数料として引かれ、残りは収入として得ることができます。その他にも入居者が決まった時や更新する際に一時的な手数料がかかりますが、それ以外は大きな収入として二重生活の軽減につながります。