リロケーションの利点

転勤族でもマイホームを持ちたいという人にとって、空き家になる確率がとても高くなります。また今では海外に進出をする企業が増え、いつ海外勤務になるか分かりません。そこで家族で同行する事になった時、一番ネックになるのがマイホームです。

マイホームは一生に一度の買い物になる人が多く、大事にしたいという思い入れが強いです。しかし人が住んでいないという状況は一番風化が進んでしまう為、留守にする際は知り合いや管理会社に委託しなければ帰宅の際に生活できない状態になってしまう可能性があります。そこで2000年に法改正されたことで、マイホームを賃貸物件として提供できることが認められました。これによって転勤中は賃貸として家賃収入を得ることができます。転勤中は不動産会社と賃貸契約を結ぶため、借り主とのやり取りは不動産会社にお任せすることができます。

そのため安心して新天地で生活をすることができます。特にマイホームは住宅ローンを抱えている人が多く固定資産税の支払いの負担になります。それが家賃収入を得ることが大幅に改善する事ができます。二重生活の負担も少なくなり、何より誰か白が住んでくれることで家の風化を防ぐ事ができるのが魅力の一つです。