リロケーションを利用して空き室を活用

リロケーションを利用して空き室を活用する方法について紹介していきます。
未分類

空き室を無くしたい

2000年の借地借家法が大幅に改正されたことで、転勤などで持ち家を空き家にしてしまう場合、賃貸として貸し出す事が可能になりました。今までは貸し主にとっては遠方であれば家の管理も難しく、管理会社に費用を払って定期的に家のメンテナンスをしてもらわなくてはいけません。もしくは家族で転勤先に帯同するのを諦め、別々の生活をしなくてはいけません。そこに住宅ローンや固定資産税の支払いも重なり、家計には大きな負担になります。

賃貸として持ち家を貸し出し風化防止と家賃収入の二つのメリットを得ることができます。ただし人が住むという事は、ある程度の傷や生活をしていく上での汚れなどが発生してしまう可能性があります。それを十分理解した上でリロケーション契約を結ぶ必要があります。貸し主にとってはある程度の部屋の損傷をよりも得られるメリットの方が大きい為、リロケーションを専門で行っている業者や過去に同じような物件を扱った事がある不動産会社と契約を結ぶようにしましょう。

経験が無い場合、借り主と契約をする際に必ず注意事項はしっかり説明をして、退去の際には一番問題が派生しやすい為トラブルにならないように事前に決まり事をしっかり確認して誤解のないようにしっかり借り主に伝える必要があります。空家を無くすことで大きなメリットを得る事ができるので魅力的です。