リロケーションの利用

物件を探している人の中にはリロケーション物件という言葉を耳にした事が無いでしょうか。ここ数年リロケーション物件が増え、貸し主や借り主が増えてきている物件です。同じ地域の中で、同じ間取の物件に比べると家賃が低く設定されているため魅力的と感じる人もいるでしょう。なぜリロケーション物件は安く住む事ができるのでしょうか。

リロケーションとは、転勤やセカンドハウスとして一時的に空き家になってしまう物件を賃貸として貸し出している物件の事を指します。貸し主にとっては空き家になってしまうと風化してしまい自分で管理がしきれない場合が多いです。更に住宅ローンや固定資産税などの費用は掛かっているため、新生活と二重生活になってしまいます。両方の生活を保つことも大変なため、風化防止の為にもリロケーションを扱っている不動産と賃貸契約を結ぶのがお勧めです。不動産を通じて家賃収入も得ることができるため、住宅ローンや固定資産税の支払いにも充てる事ができます。そして二重生活の軽減にもつながります。

借り主にとっては、同じ地域の中で1割から2割程度家賃が安くなっているため毎月の負担が少なくて済みます。しかし、持ち主が戻ってくることが決まったら速やかに引っ越しをしなくてはいけません。そのため引っ越し費用などが掛かる事を念頭に置いて契約をしましょう。今後マイホームを考えている人は持ち家の場合、将来のおうちの間取りなどの参考になるでしょう。